もうすぐ終わりなのを知る由もなく、ライオになりきっているマル子さん。
クツやスカートがかなりラブリーです。
そこで何故セイザーのTシャツを選択するか。

*****

さて、3度目のボウリングです。
前回との成長を比べたいと思います。


ふきふき。
ゴールを見定めつつ、ボウルを拭きます。


おとんと一緒ボウリングマシーンに運びます。


「ここからね。」
よーく見定めます。


ガコーン!


みんなで見つめます。
一人増えてますが、隣のレーンと男の子です。
何故リュックしょってるのか。

これがね、ストライクとか出しちゃったんですよびっくり
べっくりして写真撮り損ねました。


「タオルたたまないとね。」
ダンナが投げようとする足元で。

あぶねーっつの。

GWなわけですよ。
昨日は兄一家とホームセンターへ買い物に。
行く途中で、マル子はひらめいた。

きっと、いま、おんせんいきたいっていったら、
みんなでいけるかもちれない。

大抵ちょっとしたお出かけになると、
毎度このメンツなもので。

マ「おんせんいきたいー!」
義姉「ん?どこの?」
マ「みずぎの。ぷーるあるとこの。」
私「あー・・万華郷だ・・・」


私「あそこはね、今GWだから激混みだよ。鬼混み。」
マ「・・・おにがいるの?」
私「そうそう、もうね、イモ洗い。赤いのとか青いのとか。もう大変。」
マ「・・・そっかぁ」
私「もうワッサワッサいるから、GW終わってからね。」

で、終わった。
と、思ったら夕飯の時間になって、

マ「ぷーるのおんせんには、おにがいるから、
  あたらしいとこいかないとね。」
私「へ?」
マ「おにがいっぱいいるから?あたらしいとこいかないと。」

あああああ、鬼だけクリティカルヒットしてもうたっΣ(゚Д゚;)

私「・・・んー、GWが終われば、鬼いなくなるから・・
  いなくなったら、また温泉行こう。大丈夫。いなくなるから。」
マ「・・・いなくなるの?おにいなくなるの?」
私「そう!その通り!GW終わるとみんなばいばーい!って。」
マ「そっか。やっぱりね。」
  (「やっぱりね」は最近気に入ってるだけで、意味わかってません。)
私「そうそう。やっぱりですよ。」



うわー、もう適当なこと言えなくなってきたー

マル子は寝る時に、ダンナにお話をしてもらうのが
大好きです。アンパンマンもぐりとぐらもプリキュアも
なんでもかんでも出てきます。

昨夜は初めてマル子が「おはなししてあげる、なにがいい?」と。
おお〜お話を誰かにしてあげようってまで育ったか〜。

ダンナは「じゃあ、プリキュ・・・」


「プリキュアはだめ!」


ものすごい勢いで、ぱしっと断られたそうで。



うーん。携帯でとるとやっぱ画像よくないな〜。
うちの近所の公園はこんな感じでした。


チビをつれて近所の公園にいったんですが。
白い花がものすごく咲いてました。
名前聞いたけど忘れました。あはは。



あ、お花とれちゃった。
えーっと、お座りして・・・


むしっとこうかしら


むしってますΣ(゚Д゚;)


帰りに、階段を下りながらすごい勢いで
話てました。ちょっと気になる一節。


「あのね、さっきもいったでしょ!
 だめでしょ!
 おとうさんのおしりは、あぶないの!」

ええーΣ(゚Д゚;)

先日、2度目のボーリングに行きました。
そこのボーリング場には、マル子でもできるように、
ボールさえのせれれば、あとはレバーをひくだけで、
レーンに転がせるような機械があります。

投げた後に、彼女が必ずやることがあります。

「うわぁぁぁ」


「あああ・・・」


「がっくし」


「えへ☆」

超オーバアクション。
しかも投げた後、ろくに球も見ずにすぐやる。
スペアとってもやる。

最近のマル子さんは、よくしゃべる。

マル子が一人で遊び始めた。
マル子が何かを並べた。



走って戻ってきて、勢いよく手をあげた。






スカートて。
それはあんたが履いてるわけで。
何回もやってましたが。
っつか、何の競争だ?

***
ただいまタブレット使い練習中。
ちっさいから書きづらいってことにやっと気づきました。
でかいの欲しいなぁ。でもなんですか、相場1万円すか。
倍返しならホワイトデーに・・・。

最近のマル子はよくサチコの話をする。

「さっきね、こうえんいったのよ、サチコと。」
「サチコね、おとうさんがむかえにくるのよ。」

などなど。

私「園のお友達なの?」
マ「ううん、ちがう。」

あれ?

うちにはサチコという名前が出てくるような絵本はない。
園の先生に「サチコちゃんって名前の子いますか?最近
やけにサチコサチコ言うんですよ。」と聞いた。

先生「いや〜いないですねぇ〜」

あれ?
どうやら架空の友達らすぃ。

私「最近、サチコは何してるの?」
マ「みずぼうそうで、おやすみ。」

リアルだなぁ〜。

って話をダンナにしたら、「あ、サチコ・・・死んだばあさんの名前だ。」
ひ孫のところへ遊びにきた、ひいおばあちゃんは、水疱瘡らしい。

昨日、珍しくダンナが平日以外で休みで、
みんなでお出かけ。

家に帰る頃にマルコが、

「ぎょうざぷりんはどこ?たべたい。」
「ぎょうざぷりん?買ってないでしょ?」

そもそも、そんなモノあるんかぃ。

「ぎょうざぷりん!!かったよ!かった!」
と、やや半狂乱気味。

ん〜〜・・・・
ダンナと頭をひねること数分・・・

「こんにゃくゼリー?」

今日マルコが欲しがって買った唯一の食べ物。

「・・・そう、それよ。」

・・・それでしたか。



マルコはズボンが大嫌いで、
スカートしか履かなくなった。
ぜーんぜん、履かない。マジで。

最近スカート付のズボンがあるんだけど、
それすら絶対はかない。スカートじゃん!
スカートついてるじゃん!

寒いので、スカート+スパッツで乗り切っている。
風邪ひいてなきゃスカートのまんまで
いいんじゃないかとも思うけど。

マルコとしては、スパッツもズボンに入るらしい
んだけど、なんとか誤魔化して履いている。

珍しく「お星様ピカピカのズボン履く〜」
と、自らおっしゃった。☆の柄のスパッツ。
履かせてやる。

その後「仮面ライダー」が見たいっていうから、見せる。
その間に自分の身支度をする。
終わったので、マルコのところへ行く。

すると、

マルコが私を視界に入れた瞬間に、

「なんでよぉーーーーどうしてよぉぉぉぉぉーーー!」と、

私に向かって涙目。

「何?何がよ?」
「どうして、ズボンじゃないのよぉぉぉー!」

珍しくスカートをはいた母に抗議しやがる。
「たまには履きたいじゃんか〜。はかせてよぉぉぉ〜」

チビ的には毎日ジーパンはいてる私と
スパッツはおそろいの部類に入ってたらしい。

っていうか、泣くなョ!

掃除機のコードをしまうべく、
お行儀悪く足でコード巻き込みスイッチを押してたら、
ガガガガガー!と蛇のようにくねるコードが親指に激突。

「うがががー!いだい・・・」と、しゃがみこむ私に、

マルコ「・・・いたいの?くついした、ぬいだら?」

アドバイスはありがたいんだけど、
それじゃ、治りませんから・・・。


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 無印のアロマランプ(ウォーマー)。
    a-chan
  • 無印のアロマランプ(ウォーマー)。
    you
  • Nell TOKYO 和訳
    a-chan
  • Nell TOKYO 和訳
    kim
  • tic toc
    a-chan
  • BIG BANG どーもキニナル
    a-chan
  • tic toc
    リョウクペン
  • BIG BANG どーもキニナル
    みーたん
  • BIG BANG どーもキニナル
    a-chan
  • BIG BANG どーもキニナル
    みーたん

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM