ヘナ粉を混ぜる。
ハーブ洗髪で味をしめたら、今度は髪の痛んでる部分と、プリン化している茶髪部分が気になる・・・。黒髪の部分とその周辺は艶っつやで、サラッサラなのに、1ヶ月前にパーマをかけたところが、どうしてもひかかって、気になる。パーマかけた時も気になるんだよね〜って話をしたら、アミノ酸とかなんとかいっぱいタダでつけてくれて、確かに2週間位はすべすべだった。だけど、その後はもう・・・・。

ヘナをして髪をツルツルにして、もうケミカルダイをしたくないので、とりあえず、プリンを目立たせないようにするべく、黒髪に近い色に戻そうと。そんで、いっそのこと痛んでるところ取り除いてしまえっ!と10cm位さっぱり切ってみました。まぁそれでも、少しパーマの部分が残る。うー。

とりあえず伸びてきたらまた切っちゃおう。それまでにヘナして髪を整えておこう。あ、そうそう、髪を切りに行った時、シャンプーはして欲しくなかったから「今日は朝洗ってきたので、シャンプーはいいです。」と言ってみました。それでもいつもよりは軽いシャンプーはされちゃいましたが。なんでもハーブ洗髪で慣れてきてると、合成シャンプーとか使うと体調が悪くなる場合もあるとか。


で、ヘナをするってなると、大きめのボウルとかいるよな〜、あとはハケと手袋と・・というわけで、100均へ。とりあえず、手にフィットする手袋12枚入りを発見。ハケ・・・がないんだよね。

またこれはそのうち別のところで探そう。そんで計量カップの口が大きいヤツを発見。これヘナ混ぜるのに便利なんじゃないかなぁと、それを購入。で、実際混ぜやすくて便利。ビバ100均!

ヘナは痛んでる髪と白髪によく色がつくわけで・・・痛んでるからすんごい色つくだろうな〜と。それに痛んでると、ヘナショックなるものもあるらしく、最初は髪がバサツクこともあるらしい。ヘナの回数が増えるとどんどん修復されてツルツルのツヤツヤになるらしいんだけど。なるべく回避したいとこ。いろいろ混ぜるとかなり回避されるらしい。

そうそう、ヘナは混ぜてすぐ使えません。収穫後1年以上たってると、1時間位寝かせればいいらしいんだけど、新しいものは一晩おいて使ったりするらしぃ。私のは1年位たってるやつだったので、塗る1時間前に練っておきました。最初は大目の方がいいっていうので、あごくらいのショートでヘナ50g。

今回のレシピ
ヘナ50g、シカカイ大さじ1、ヨーグルト適当、ユーカリグロブレス数滴(エッセンシャルオイル)
マハラニヘアケアオイル小さじ2


上のレシピを、ぬるめのお湯で混ぜました。熱湯だとヘナの色素がとぶそう。最初はダマができるんだけど、混ぜてるうちになくなりました。もうね、すごいおもしろい。ドロ粘土で遊んでるような・・・。明るめに色をつけたい時は紅茶で混ぜ、頭につける直前くらいにレモン汁をいれるといいそう。で、柔らかさは、マヨネーズ位が使いやすいってことだったので、その位のペーストに。

ヘナ粉塗る。
本当は一人で塗るつもりだったんだけど、手先が器用な旦那が遅めの出社っていうんで、塗るの手伝ってもらいました。やってみて実感。一人じゃ難しかった(笑)。髪に塗りつけるとガチッとなる感じで固まる。ペーストがもっと緩い方がいいんじゃない?と、途中でお湯を足したりしました。で、塗り方は手袋はめて、私はベッタラベッタラと。旦那は丁寧に束にしてペタペタ。私のやり方だと浸透しにくいようなので、途中からはゴシゴシとなすりつけて浸透させるように変更しました。


全部塗り終わったら、ラップで巻いて、我が家ではコロボックルちゃんといわれる、髪の毛乾燥用のタオルをかぶる。筒状になってるからスポッとかぶるだけですんじゃうんですよ。これ。ちなみにフェリシモで買いました。

そんでまぁ、眠くなったり、ボーっとなったりするっていうのは聞いてたんだけど、本当に眠くなる!そんなに色が染まっても困るから、おき時間の目安1時間だったんだけど、残り20分位になってからはもう眠さMAX!!「眠い〜眠い〜」といいながら、どうぶつの森とかやって。そんでも眠くてソファに転がっちゃいました。あはは。で、1時間もしたことに、ラップはずし、ザーッと乾かしました。


超ポップなオレンジに!
写真はブレちゃってるんだけど、コレかなりキレイな発色してました。これでもいいかなぁ〜とは思ったんだけど、結局プリンになってる黒い部分はここまでオレンジに染まらず、全部のトーンを合わせたかったから、やっぱり予定通りインディゴを重ねて塗ることに。


次にインディゴの粉を混ぜました。インディゴは、ヘナと違って寝かせないでいいのです。と、いうか、30分もすると染める力がMAXになるらしいので、30分以上おいちゃいけない。今度は熱湯でもいい。で、インディゴ後のバサツキ感を避けるために、再びいろいろ入れました。

今回のレシピ。
インディゴ大さじ2、シカカイ小さじ2、
ヨーグルト適当。

色を暗めにしっかり染めたい場合は、ペーストも濃く作って、ヘナの赤みを抑えたい程度の場合には、薄めに作るといいそうです。

で、10分後には再び手袋をはめて、ペタペタペタペタ。ヘナよりも塗りづらかったかも?で、またもやラップでくるんで、コロボックルになりました。結構黒くしてみたいものの、とりあえず様子を見たかったから30分で外しました。おき時間が長いほど染まるそうです。最長で1時間位が目安らしいです。


これで完成です!かなりいい感じに染まりました。黒すぎず、赤すぎず〜〜。しかも髪はしっとりとツヤツヤに。心配だった、ヘナショックもなかった。

で、翌日は更にしっとりして、出社したら数人に何が違ったのか考えちゃったよ〜って言われました。「色が黒くなったんだよ」って言いましたが、「髪がまとまって、ツヤツヤしたんじゃない?」と。えへへへへへ。


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 無印のアロマランプ(ウォーマー)。
    a-chan
  • 無印のアロマランプ(ウォーマー)。
    you
  • Nell TOKYO 和訳
    a-chan
  • Nell TOKYO 和訳
    kim
  • tic toc
    a-chan
  • BIG BANG どーもキニナル
    a-chan
  • tic toc
    リョウクペン
  • BIG BANG どーもキニナル
    みーたん
  • BIG BANG どーもキニナル
    a-chan
  • BIG BANG どーもキニナル
    みーたん

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM